【レポート】DESTROY READYMADE Vol.3

先週14日金曜日から16日日曜日の3回目となるDESTROY READYMADE、無事終了しました。
足を運んで頂いた皆さん、ありがとうございました。

今回のレポートはメガネがお届けします。

MEGANE PRESENTS DESTROY READYMADE -キセイヒンヲブッツブセ- Vol.3

MEGANE PRESENTS
DESTROY READYMADE
-キセイヒンヲブッツブセ-
Vol.3

今回のイベントの趣旨として、“既製品からアイテムを創る”というコンセプトを主軸に参加してもらったシガちゃん、チョッパー氏、ジュンペイ氏には参加してもらいました。

このコンセプトは、他のショップが出来なくてウチが出来る事を考えると直ぐ思いついたのですが、実際に手間が掛かる作業になる事は必須。無茶なお題になったわけです。笑

今回並んだアイテム群からメガネの創造解説込みで一部紹介します。

まずは、シガちゃんの運営するAFPです。
シガちゃんには、WHEVとのコラボでジャケットやシャツのカスタムを依頼しました。

DESTROYREADYMADE-AFPXWHEV-ITEM

DESTROYREADYMADE-AFPXWHEV-ITEM

▼軍物ジャケット
 

DESTROYREADYMADE-AFPXWHEV-ITEM

DESTROYREADYMADE-AFPXWHEV-ITEM


 
▼メキシカンパーカー革ジャン
 
DESTROYREADYMADE-AFPXWHEV-ITEM

DESTROYREADYMADE-AFPXWHEV-ITEM


 
最後のメキシカンパーカー革ジャンは、シガちゃんアイテムの一番の目玉。
このアイテムはまさしくDESTROY READYMADE。
シガちゃんの発想力と既成概念に縛られない自由さが融合したアイテムなんじゃないかと思います。
そしてなにより、ボロボロの革ジャンのディテールを残しつつ、メキシカンパーカーに手縫いしていくという恐ろしい手間。
脱帽です!!

次は、チョッパー氏の運営するWHATEVERのアイテム。
チョッパー氏に依頼したのは、ズボン。
いつもチョッパー氏は独自でカスタムしたズボンを着用しており、今回のコンセプトにピッタリ。
 

DESTROYREADYMADE-WHATEVERV-ITEM

DESTROYREADYMADE-WHATEVERV-ITEM


 
DESTROYREADYMADE-WHATEVERV-ITEM

DESTROYREADYMADE-WHATEVERV-ITEM

案の定、いい意味であまり見かけない独自スタイルなパンツが並びました。
自分達だけなのかもしれませんが、ズボンは穿いていくにつれ味が出てくるし、チョッパー氏は1年中ロールアップする、みたいな独自のスタイルで育てていくとまた違う見え方になりそうで、面白いアイテムだと個人的には思います。

OSAKA DAGGERS 2017-2018 FALL & WINTER

OSAKA DAGGERS 2017-2018 FALL & WINTER


※チョッパー氏普段着のズボンイメージ

そして、ジュンペイ氏の運営するACT。
ジュンペイ氏には勿論カバンを依頼しました。
一番大変な作業になるだろうと思っていましたが、やはりかなり大変そうでした。

DESTROYREADYMADE-ACT-ITEM

DESTROYREADYMADE-ACT-ITEM

DESTROYREADYMADE-ACT-ITEM

DESTROYREADYMADE-ACT-ITEM

ジャケットを解体して生地にし、使えるように補修もして、そこからカバンを作成していくという1手間どころか2手間・3手間・・・いつもより多い作業工程・・・。それだけあって、雰囲気・ディテール申し分ない、全く同じものは作れない唯一無二のカバンが出来上がってました。やばかった!!

更に今回は、普段はやっていない持ち込みボディーでのイレギュラーオーダーも行いました。

DESTROYREADYMADE-イレギュラープリントオーダー

DESTROYREADYMADE-イレギュラープリントオーダー

DESTROYREADYMADE-イレギュラープリントオーダー

DESTROYREADYMADE-イレギュラープリントオーダー

このイレギュラープリントオーダーをやったのも今回の“既製品からアイテムを創る”というコンセプトから。
既製品持ち込んでもらったボディー(既製品)を、蘇らせたり、気に入った物にしたり、見え方を変えたりと、プリントだけでもDESTROY READYMADE出来ちゃいます。

そして、お客さんが考えて持ってきてもらったボディーに、お客さんと相談しながら印刷デザイン決めたり、印刷位置を決めたり、インクの色決めたりと、お客さんが参加する商品開発というのもうちのコンセプトにマッチ。

色々悩んでもらって出来上がった物を見てもらった時のお客さんの反応は、「良い企画だな!!」っと毎度感じました。

お客さんからも「夢のイベント」とお褒めを頂いたのも、嬉しい限りです。

次回の予定は未定ですが、またこんな感じでやれたらなと思います。

来店頂いた方々、色んな遠いところから足を運んで頂き、ありがとうございました。

また遊びに来て下さいね!!

左上:アクセル
中上:チョッパー(WHATEVER)
右上:HIDEXX
左下:ジュンペイ(ACT)
右下:メガネ(WHEV)

メガネ

OSAKA DAGGERS『ONSEN AND DESTROY TOUR 2018』 in 佐賀県武雄市

来月12月14~16日にひかえた『DESTROY READYMADE Vol.3』の準備をスタッフ全員でやっていて、WHEVインスタグラムとこのブログの更新が滞ってます。。。メガネです。

DESTROY READYMADE激やばい感じのアイテムの作成が進んでます。
イベント前にWHEVのインスタグラムとこのブログである程度のアイテムは公開しますので、楽しみに待っててください。

そして、『DESTROY READYMADE Vol.3』にも是非遊びに来て下さい。

さて、今日紹介するのは10月28日(日)に佐賀県武雄市の白岩skateparkにて開催されたスケートボードコンテストにOSAKA DAGGERS呼んでもらってました。

osakadaggers in takeoshi

osakadaggers in takeoshi

メンバーは、チョッパーダルザハンサム、Mr MAO、ハマジという、平均年齢42歳というシニアOSAKA DAGGERSで参加です。

武雄市の猛者スケーターも多く集まり、アットホームな大会になったようです。

その日の模様がハマジ氏手により、編集され昨日アップされました。

大会後は、『ONSEN AND DESTROY』にちなみ温泉でのスケート(?)セッションも行われたようで、その模様もあります!笑

約15分あります。シニアズダガーズと武雄市の猛者スケーターの雄姿、チェックしてみて下さい。

やはり、シニアダガーズ恐るべし。。。

DESTROY READYMADE Vol.3 12/14~16 3日間 開催決定!!

MEGANE PRESENTS DESTROY READYMADE -キセイヒンヲブッツブセ- Vol.3

MEGANE PRESENTS DESTROY READYMADE -キセイヒンヲブッツブセ- Vol.3

12月14~16日の3日間、AFP&WHATEVER&ACTの3ブランドでのPOP UP ショップの開催が決定しました!!

しかも、今回はブランド運営をしているでもなく、ただの裏方のメガネが企画を乗っ取るという荒行!!

彼に任せて本当に大丈夫なのか?

問題無い!

今回のイベント主旨が既製品から違う物、または既製品をカスタムするというイベント副題の『既製品をぶっ壊せ』コンセプト。
そんな困難なお題も経験豊富な3ブランドなら恐らく間違いなくヤバくなるだろう。

そして、過去のDESTROY READYMADEやPOP UPショップに参加してくれた方は知っているだろうが、毎回サプライズアイテムが登場する事必至だ。

これは、見逃せない!

そんなこんなで、既に動き出しているこのイベント。
アイテム詳細は、各自のINSTAGRAMでアップしてもらえるようにお願いしているので、チェックしてもらいたい。

また、追加の情報があればこの場を借りて、且つWHEVのINSTAGRAMでアップしていくので、合わせてチェックしてもらいたい。

 


MEGANE PRESENTS
DESTROY READYMADE
-キセイヒンヲブッツブセ-
Vol.3

AFP&WHATEVER&ACT
DIY POP UP SHOP
2018.12.14[FRI]-16[SUN]
at WHEV SHOP


3回目となる今回は、メガネが企画を乗っ取った!!
ACTジュンペイ、AFPシガちゃん、WHATEVERチョッパーの3名に対し、
「既製品からアイテムを創れ!」と
悩ましい無茶なお題を出した。それぞれが得意とするスキルを活かし、1点物なマスターピースが創り上げられる。
ACTジュンペイはカバンを!
AFPシガちゃんはジャケットを!
WHATEVERチョッパーはパンツを!
カレラノカイトウヲモクゲキセヨ!!

CAST INFO
AFP:シガちゃん ※シガちゃんのインスタはないのでWHEVを確認下さい。
WHATEVER:チョッパー
ACT:ジュンペイ

SHOP INFO
WHEV SHOP / 〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-18-6-808
TEL:06-6214-0773 / URL:http://www.whev.com
営業時間 14日 14:00-20:00 15&16日 12:00-20:00
INSTAGRAM:@whev_shop_osakadaggers


 

ご近所・お友達お誘い合わせの上、ご参加お待ちしております。

メガネ

ACT,ACTxAFP 1点物的アイテム入荷!!

ジュンペイ氏が運営するACTのアイテムと、そのACTとDIY PUNK MASTER シガちゃんが運営するAFPのコラボアイテムが本日より通販に入荷!!

両アイテム共に1点物的な要素の強いアイテムになっています。

1つ目は、ACTより初となるベルト、その名も『SANDGLASSリバーシブルベルト』。

SANDGLASSリバーシブルベルトは、配色の良い糸で編まれたベルトとACTオリジナルのテキスタイルを合わせたリバーシブルで使用出来る2WAYタイプのリングベルトです。

オリジナルのテキスタイルは、砂時計を模したデザインを基に、その土地に根付いた古くから使われてきた文様、タータン(チェック)、象形文字、民族文様、幾何学模様等からインスパイアされたものをACTオリジナルのデザインに落とし込んでいます。

リング部分はベルトに合わせた配色で生地を巻き付けています。

リング・オリジナルテキスタイル部分のふち処理はあえてせず、糸がほつれてくるような仕様にしています。

ほつれ具合もはさみでカットすれば調整が可能です。ほつれが苦手な方は、ほつれたらカットしていけば、ある程度のところで止まるような仕様になっている。

まさに自分の手で自分の好みに育ててほしいベルトになっている。

ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト- ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト-
ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト- ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト-
ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト- ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト-
ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト- ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト-
ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト- ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト-
ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト- ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト-
ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト- ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト-
ACT -SANDGLASSリバーシブルベルト-

モデル:ジュンペイ[ACT] チョッパー[WHATEVER] シガちゃん[AFP]

その次の紹介は、去年末にサンプル品を特別販売して即完売してしまった『D.I.Y.手織りニットポーチ』。

商品の説明が面白いので、再度掲載させてもらいます。

D.I.Y.手織りニットポーチは、1点1点織り機で織られたニット生地を使い、DIYパンクマスター・AFPシガちゃんが個人使いをしているポーチをACTジュンペイ氏により強度・使い易さをプラスし、作り上げられた!!

織り機と言っても、業務用の物を使用しているわけではなく、子供用の玩具の織り機を使用するという目の付け所が面白い。その織り機仕様は、1つのポーチに1枚のニット生地しか作成出来ないという製作者泣かせ。

各パーツも1点物になるようにニット生地は糸の選定・糸の配置・フェルト生地が配色されています。摩擦による劣化を緩和する為に裏地を付け、色んな場所への着用を考え2重でホックで着用強度を高めた。

このポーチは、過去にシガちゃんがデザインを手伝っていたWHATEVERからも当アイテムに似たポーチをリリースしていました。しかも、その作成は当時WHATEVERの工場長をしていた現ACTジュンペイ氏が生産し、それを両者が再現したというのも面白い。恐らく10数年前にWHATEVERから発売していて、現在も探している方もいる中、スペックアップして遂にリリースに至った。

その実作業と手間を知っている者としては、その見た目の派手さとは裏腹に作業自体はいい意味で泥臭くDIYという言葉が似あうアイテムになっている。だからこそ実現されたビジュアルであろう。

▼着用イメージ
D.I.Y.手織りニットポーチ
D.I.Y.手織りニットポーチ D.I.Y.手織りニットポーチ
D.I.Y.手織りニットポーチ D.I.Y.手織りニットポーチ
モデル:シガちゃん[AFP] ジュンペイ[ACT]

通販サイトへは、以下写真から飛べます。