OSAKA DAGGERS 2019 AUTUMN スタート!!

本日22日よりOSAKA DAGGERSの最新コレクション 2019 AUTUMNが立ち上がりました。

まずは、LOOKBOOKをどうぞ。

OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK
OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK
OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK
OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK
OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK
OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK
OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK
OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK
OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK OSAKA DAGGERS 2019AUTAMN LOOKBOOK

※集合写真
上段左:JUNPEI、上段中:SHINGO、上段右:HIDEX
下段左:COLT、下段中:CHOPPER、下段右:HAYATE

さて、このLOOKBOOKの作成・制作を担当したメガネがレポートします。

最後の方のスケートカット(シークエンス)は、撮る予定はなかったのですが、
偶然の産物。何故か不自然に下の写真の様な状態で酒ケースが。何故なんだ!?

OSAKA DAGGERS 2019AUTUMN LOOKBOOK B SIDE

OSAKA DAGGERS 2019AUTUMN LOOKBOOK B SIDE

不自然なように見えて、自分達で用意していないので自然のスポット。
それを利用したハヤテのトリック。

酒ケースがプラスチック(?)製なので、
足をケースについたタイミングで前に進む力がかかり滑ります。
酒ケースへのソフトタッチ、
ノーハンドな分のボードコントロール、
ボードと足場を追うスキルが要されるのは、
素人な自分にも分かりました。
どうなんだろう?難易度高いんじゃないの?

OSAKA DAGGERS 2019AUTUMN LOOKBOOK

個人的には、そんなトリックいつできる様になったん?と引き出しにビックリ。

そして、苦労してメイクした成果。その日の三角公園はギャラリーが多く、拍手喝采。
LOOKBOOKでは後ろの方ですが、関係なくメイン素材に。

本音で言えば、ある程度な形ですが、写真素材として撮れててよかった!!
メイクまで数回撮ったシークエンスは、使い物にならなかったので。。。
本当にスケートの撮影は、素人カメラマンには難しい。。。

あと、その日に参加してくれたOSAKA DAGGERSメンバーによる集合写真は、
10数年前(?)に撮影されたこの写真を模して撮ろうとJUNPEI氏から提案があり撮影しました。

OLD OSAKA DAGGERS PHOTO

全く同じに撮る必要もなかったので、雰囲気ですよ。

2019 AUTUMNのアイテムは、通販サイトよりチェックしてみて下さい。

▼OSAKA DAGGERS 2019 AUTUMNのITEM一覧へ
OSAKA DAGGERS 2019 AUTUMNのITEM一覧へ

店舗お盆営業のお知らせ

店舗のお盆営業のお知らせです!!

2019 お盆の営業日

お盆はお休みなく営業しています‼️
ご来店の際は、以下の開店スケジュールをご確認下さい‼️

8月10日(土)〜12日(月) 12時〜19時
8月13日(火)〜16日(金) 14時〜19時
8月17日(土)〜18日(日) 12時〜19時

13日(火)は休まず営業します。

帰省されている方やお近くの方も、是非遊びに来て下さ〜い‼️

WHATEVER SHOP
〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-18-6-808

通販サイトは休まず運営していますので、ご利用下さい。
WHEV通販サイト ⇒ http://store.whev.com/

正志郎 – コメオシダルマ [CD] JET CITY PEOPLE (2019) – 入荷!!

ラッパー『正志郎』氏の本日26日リリースの『コメオシダルマ』を店頭に入荷しました。

正志郎 - コメオシダルマ [CD] JET CITY PEOPLE (2019)

とうとうHIP HOPにまで手を出したかとため息を食らいそうだが、そうではない!

正志郎とは、チョッパーもそうだし、ジュンペイもそうだが、周りには古くから知人が居る。
彼は、PUNX出身のラッパーなのだ。
筆者メガネはすれ違いで最近知り合いました。。。
だた、10数年前から正志郎氏の話を聞いていた。
ラッパーになってからもチョッパーを通して、面白いリリックを書くラッパーが居るという噂とYOUTUBEリンクとCDが回ってきていた。

スケーターでPUNX出身でラッパーというの面白い。興味深い。
そんな感じのラッパーって今多いのかな?
HIP HOPは詳しくないが少数派なんじゃないかな?

そんな正志郎氏とは先日初めて会った時にアルバムのリリースの話を聞いていた。
そうそれが今回紹介するアルバム『コメオシダルマ』。

正志郎 - コメオシダルマ [CD] JET CITY PEOPLE (2019) - ARK WORK HIROTTON

アートワークは、OSAKA DAGGERS東京支部のHIROTTONが担当している。

彼から届いた、プロフィールとPVをチェック頂こう。


PROFILE
1985年生まれ 名古屋市出身。17歳の頃スケートボードをきっかけにパンクと出会い、ベーシストへ。ハードコアパンクバンドのコメオシダルマに在籍、バンドが解散と同時にかねてより憧れであったK DUB SHINEの影響でラッパーとしてのキャリアをスタート。以後精力的にライブ活動をこなす。

アルバム『コメオシダルマ』
転がすダイスは “0” か “100” だ。ピュアネスとイノセンスを誰よりも愛すラッパー”正志郎”が叫ぶ三枚目のファーストフルアルバム。生き辛くなつちまつたこの日本で、迫害を恐れず真実の愛を求め続けるその心は毛一本生えていない恥丘のように清く美しい。ある意味どんなギャングスタよりもハードコア、スーサイドボーイの捨て身のブレイクダンス。決して逆から読むな。絶対に逆から読むなよ、、、!


そして、今回発売のアルバム『コメオシダルマ』より、新しいPVも合わせてチェックお願いします。

[PV] 正志郎 – ノータリン

▼[PV] 正志郎 – t.A.T.u 〜 FUGURI

CDは店頭のみの販売となります。

アルカシルカ – フルアルバム『不条理不協和音』- 入荷!!

沖縄を拠点に活動するバンド・アルカシルカの40トラック入りのフルアルバム『不条理不協和音』入荷しました‼

アルカシルカ-不条理不協和音

うちがアルカシルカを取り扱うっている事を?と思う人もいると思うので、ちょっと説明を。

アコーディオンを担当しているMARY氏は、関西出身で古くからアメリカ村界隈に居た。
当WHATEVERに昔からよく遊びに来てくれていて、OSAKA DAGGERSとも古くから親交がある。
関西に居た頃は、ムズイズムというアパレル?雑貨?DIYで展開していて、
展示会なんかも色んな場所で精力的に行っていた。その展示会にOSAKA DAGGERSメンバーが運営するNOW HEREもちょくちょく参加させてもらっていた経緯がある。
※間違えていたらごめんなさい。笑

そして、沖縄に拠点を移し、ちょっとした時にお店に遊びに来てくれた時に
バンドを始めた事は聞いていたり、音源を聞かせてもらっていた経緯がある。

さて、バンドの説明をしようと思ったけど、MARY氏からしっかりとしたライナーノーツが送られてきた。

このライナーと映像をチェックさせてもらって、面白い活動をしているなと思ったので、
興味がある人はチェックしてみてもらいたい。

ただ、この場では、音楽性の話はしない。
何故なら良いか悪いかあなたの感性で判断してもらいたい。


≪アルカシルカ・ライナーノーツ≫
2015年8月に結成した沖縄を拠点に活動するバンド。世界中のレベルミュージックに影響を受け、ハードコアやパンクを基軸にジプシー音楽やスカ、レゲエ、フォーク、ブルース、クラシック等の要素が入り混じった独特の音楽性は、日本国内だけでなく海外での評価も非常に高く、これまで、台湾、中国、オーストリア、ドイツ、スイス、チェコ、スロベニアなどでの公演も行なっており、今年8月にはオーストリアで開催される野外RockフェスSauzipf Rocks Festivalや、クロアチアで開催される東欧最大規模のPUNKフェスティバルMonteparadiso Festival、来年にはアメリカやメキシコで招待されるなど、無名バンドでありながら世界中のコアなリスナーを獲得していっている。これまでの音源は数本の自主制作CDとマレーシアのレーベルからリリースしたカセットテープのみで、正式な流通盤がなかったものの、遂に2019年4月24日に40トラック入りのフルアルバムの全国発売が決定。アルバムのアートワークには沖縄県内の漫画家”髙野F”氏による漫画も収録されたハードカバー仕様で、72ページというボリュームのものになっており、音楽と漫画のストーリーがいたるところでリンクするような緻密に練り込まれた構成で、聴きごたえも読み応えも充分にある作品となっている。


[怒りの唄 MV]

[アルカシルカの簡易ドキュメンタリー]

[音源]
https://alkslk.bandcamp.com/releases

現在は店頭のみの販売となります。