ZULU 2024 JAPAN TOUR – 大阪レポート

ZULU

メガネです。
久しぶりにライブレポートです!

約10年ぶりにANAIAH(アナイア,ZULU,ex THE BOTS)が現在組んでいるバンド『ZULU』の日本ツアーの為に来日しました。

ZULUの説明は、wikiにこうありました。
Zulu は、2019 年にロサンゼルスで結成されたアメリカのハードコア パンク バンドです。
マルチ楽器奏者で首席ボーカリストの Anaiah Lei によるソロ プロジェクトとして始まりました。

10年前のTHE BOTSで来日した際のレポートはこちら。
LIVE レポート [SUMMER SONIC 2014 OSAKA](前編)
LIVE レポート [SUMMER SONIC 2014 OSAKA](後編)

ZULUのボーカル、ANAIAHはHEROIN SKATEBOARDSのライダーでもあり、
2017年にリリースされたDVD『Magic Sticky Hand 2』ではANAIAHのパートもあります。
パートはこちら!

10年ぶりの来日という事で、事前に連絡をもらっていた自分たちは楽しみにしてました。

4月13日、メンバーが来日。三角公園で会えたら会おうという約束。
長時間フライトで疲れながらもZULUメンバーと、今回ZULUを日本に
呼んだMAKOTOさん(BLACK DOTS,AFTER BASE,SAND)と一緒に三角公園に顔を出してくれました。
その日は挨拶早々に別れます。

そして14日。
14日は例の『DAL THE HANDSOME 52 years old happy birthday big stair ollie challenge !!』があり、
朝10時からの撮影予定。
早い早い病のメガネはゆっくりながらも9:30にはチャレンジ会場の難波宮跡入り。

9:50頃にチョッパー氏が到着。
なんとZULUのANAIAHとドラムのDONがその日の夕方からライブがあるにも関わらずチョッパー氏と一緒に難波宮跡入り。
VERDYのピザ屋さん『HENRY’S PIZZA』辺りで2人バッタリと会い、そのまま一緒にDAL氏の挑戦を観戦しに来てくれた笑。

ダルチャレンジを見届け、ANAIAHとDONとは夜のライブで会う約束をし、一旦別れ。

そして、ZULUのライブ会場でもある難波Yoigbo Meta Valleyへ。

ライブの様子はYOUTUBEに上がっていました。

そして、日本ツアー中のインタビュー。

個人的には、かなり興奮した。
ライブの次の日も興奮しっぱなし。

音源軽くしかチェックしてませんでしたが、ライブは最高!兎に角最高!!
どんな感じだろうってライブ前は静かに興奮してたんだけど、ライブ始まった瞬間に
ANAIAHがいきなり客席に2回ダイブ。そのタイミングやスピード感が兎に角凄かった。
そのダイブで大阪というZULUからするとアウェイであろう会場のオーディエンスの心を一気につかんだように思う。

そこから異様な盛り上がりのまま終始ヤバかった。

彼らのスタイル、姿勢には本当に頭を殴られた様な衝撃でした。

トリのSANDのMAKOTOさんが言っていた『ZULUのライブが凄すぎてムカつく!』。
その言葉に凄く愛と理解を感じた。

そして、14日から2日後の16日。
大阪での2回目のライブで、ジャパンツアー大阪最終日。
今回の会場は火影。

平日の火曜日にも拘らず、超満員。
盛り上がりも最高!

ANAIAH – OSAKA DAGGERS Tシャツ着用!
DON – DAL Tシャツ着用!
ありがとう!!

そして、DONは東京のライブでは、OSAKA DAGGERS Tシャツ着用!
ありがとうね!

ZULU JAPAN TOUR - ANAIAH & DON

ZULU JAPAN TOUR – ANAIAH & DON

ありがとうZULU!!
ありがとうANAIAH!!
そして、今回のライブでお世話になったMAKOTOさんありがとうございました!!

DAL THE HANDSOME 52 years old happy birthday big stair ollie challenge !!

DAL THE HANDSOME 52 years old happy birthday big stair ollie challenge !!

お久しぶりです!メガネです。

全然更新してませんでしたが、この4月は色々あったので更新しますね。

4月はダル・ザ・ハンサム誕生日月(4/14が誕生日)という事で、ダル月!

そんなダル月に何故か難波宮跡という大阪のスケーターなら知っているであろう
スポットにある大きなステアをオーリーで飛ぶというチャレンジが計画された。

とある日、ダル氏がお店にやってきた時に
ボソッと『誕生日に難波宮跡のステア、オーリーで飛ばなあかんねん!』と
余裕なのか事の大変さにピンっときていないのか、淡々とした口調で報告があった。

このチャレンジの無謀さで沢山のオーディエンスが当日集まった。

今回映像をディレクションしたINFECTION FILMS ハマジ氏。
更にたまたまこの日に大阪に吸い寄せられたINFECTION FILMSを
ハマジ氏と一緒に立ち上げ、現在は東京で映像の仕事をしているマツオ氏。
未届人のチョッパー氏。
OSAKA DAGGERSのオーディエンスの面々。
そして、4/14にライブの為に来日来阪中のHEROIN SKATEBOARDSのライダーの
ZULUというバンドをやっているANAIAHとメンバーのDON。
最後に写真を撮りに来た自分メガネ。
色んな人がチャレンジに駆け付けた。
※ZULUの紹介はまた後日。

恐らく、当日難波宮跡に駆け付けた面々は誰一人メイクできると思っていないし、
スラムを見に来た、撮りに来ていたと思う。

そんなダル挫ハンサムの挑戦をどうぞ!

如何でしたでしょうか?

当日は4月で一番暑い日。ダル氏は祝うように雲一つない晴天。最高気温27度。

朝10時待ち合わせ。
ダル氏以外全員集合。
10時時点では撮影に来ないというハンマートリックをメイクかと盛り上がった。
そんなオーディエンスを焦らし、ダル氏は10:15に現場入りという遅刻をメイク。

ゆっくり用意し、10時半ぐらいから撮影がスタート。

最高気温27度という事もあり、
iPhoneで撮っているノブの携帯は暑さで止まり、
マサトは熱中症になりかけながらの撮影。

そんな過酷な状況下、約2時間越えの撮影・・・。

見事スラムをメイクした!笑

DAL THE HANDSOME 52 years old happy birthday big stair ollie challenge !!

DAL THE HANDSOME 52 years old happy birthday big stair ollie challenge !!

52歳のそんなダル氏。
シグネチャーTシャツも絶賛発売中!
よろしくお願いします!

コメディースケートボーディング 世界戦 -スケートコメディアン達の戦い-

どうも!メガネです!

残暑厳しいですがいかがお過ごしでしょうか?

 

本日は、表題の通りスケートボードの世界戦が大阪で開催されており、

BLOG投稿の予定はありませんでしたが、やむを得ずパソコンに向かっております。

 

スケートボードの世界戦と聞いて、

昨今ニュースで話題の東京で開催されたSLS? XGAME?

 

いえいえ! 勿論そうではありません!!

 

大阪がメッカ!? スケートコメディアン達の世界戦の模様をキャッチしました。

 

SLS、XGAMEはニュースが報じたのに、大阪での世界戦どこのニュース番組も報道してないのが不思議。

 

これはこのブログで報じなければと重い腰を上げました。

 

では、本ニュースへ。

 

8月のお盆の出来事。

日本ではお盆には死者が帰郷すると言われてますが、

神がかった世界戦がお盆の大阪はスポタカスケートパーク

通称スポパーで開催。

 

世界戦との名の通り、大阪代表として、チョッパーDAL THE HANDSOME

そして、ハワイから世界の知る人ぞ知るスケーター JASON PARKが来日し、戦いに挑んだ。

 

その模様をどうぞ!

サムネからして、ヤバそうな感じ笑

お子様のご視聴、一切の責任は負いかねますので。

どうでしたでしょうか?

漢達の熱い戦い。

 

最後は感動の渦、拍手喝さい、スタンディングオベーションだった事は必至です。

 

真似をする際は自己責任でお願いします。

 

私から一つ言える事は、この映像に出てくるトリックは、昔から三角公園では

よくよく大会が開催されておりました。

映像だけのものではない事は伝えておきます。

 

どうもご視聴・・・

いえいえまだ終わりません。

 

JASONは三角公園に場所を移し、OSAKA DAGGERSの面々とセッションした映像も抑えた模様。

JASONは、三角公園でOSAKA DAGGERSとセッションする事を夢だったと言ってくれました。

そんなセッションの様子も要チェックです。

いかがだったでしょうか?

表題の通り、スケートコメディアン達の大阪での熱いセッションの様子。

 

こんな世界戦もあってもいいのではないでしょうか?笑

参加者少なそうですが。

 

勿論、SLSやXGAMEを否定しているわけではありません。

自分はSLSやXGAME、楽しみでめっちゃ見ます。

 

コメディースケートボーディング 世界戦、またどこかの国から猛者が現れて映像に残る事必至。その情報をゲットし次第、ブログでアップします。

では、また!

[コラボ第2弾] SAYOYON GALLERY x WHEV -DIY ボーダー・クロシェタム-

ご無沙汰です。メガネです。

WHEVとコラボしてくれる奇特(誉め言葉)なブランドさん、友達のSAYOYON GALLERYとのコラボ第2弾が完成しました。

今回も手編みで、最高な【タム】が作れました。

前回同様にLOOKBOOKと作成秘話も作りましたので、併せてチェックお願いします。


SAYOYON GALLERY X WHEV 2023

https://whev.com/sayoyongalleryxwhev-vol2/

今回のモデルは、2023年現在OSAKA DAGGERSの最ヤングのハヤテ。

前回はOSAKA DAGGERSの年長でオサのチョッパー氏。

最年長から最年少へのバトン的な発想で、ハヤテにお願いしました。

チョッパー氏のタムイメージはあるが、ハヤテはタムイメージは無いが、ハマりました。

2022年はクロシェっていう技法で編まれたアイテム流が流行っていたようだが、2023年はどうなの?

流行去った?笑

2022年WHEVにも訪れた流行りの波があったかどうかは謎だな。

しかし流行と無縁のWHEVなんで問題無く、タムをリリースします。

そして、今回もノベルティあります。

今回はキーホルダーです。

色々試行錯誤してSAYOYON GALLERYと作りました。

ノベルティ、自分は結構重要視していて今回も頭を抱えました。

前回同様のバッジでもよかったんだけど、同じ事は嫌というひねくれた性格が働き自らの首を絞めたね。

色のカラフルさを活かしたキーホルダーになって良い物になったとSAYOYON GALLERYとも納得しております。

拘りのタムです。

通販サイトからチェックして見て下さい。

◆『SAYOYON GALLERY x WHEV -DIY ボーダー・クロシェタム-』の通販サイト

SAYOYON GALLERY X WHEV 2023

■SAYOYON GALLERYのINSTAGRAM ⇒ https://www.instagram.com/sayo_sayo_sayo/