【入荷情報】ケミカルリストバンド、DIY3連ポーチ、ダル染め

店頭・通販以下のアイテムを入荷しました。

[WHATEVER] ケミカルリストバンド

1ヶ月前より少数づつ再発を行っていたWHATEVERのケミカルリストバンドですが、3つという少数ですが入荷しました。

今まで入荷した物は全てSOLD OUTとなっております。

↓↓↓ 通販はこちらから ↓↓↓
WHATEVER wristband

[WHATEVER x ACT] DIY3連ポーチ

SOLD OUTとなっておりました、WHATEVER x ACTのブラックコーティングを4つ入荷しました。

↓↓↓ 通販はこちらから ↓↓↓
WHATEVER x ACT DIY3連ポーチ

ダル染め

ダル氏が夜な夜なタイダイ染めを施した、通称、ダル染めが遂にドロップです。

現在、試作段階の為、サンプル価格での販売です。

ダル染め AD

↓↓↓ 通販はこちらから ↓↓↓
ダル染め

あと、ダルTEEやダガーズTEEなんかも現在、企画中です。

是非、チェックしてみて下さい。

大井戸猩猩 展覧会「ある」 2014年9月19日(金)~10月5日(日)

WHEVと関係の深い大井戸猩猩氏が個展を行います。
大井戸猩猩氏はイラストノート ノート展12回大賞受賞し、OOIOOの盤面デザインを担当したり、ku:nel(クウネル)にも挿絵を提供しています。
WHEVのサイト上段にも大井戸猩猩氏のサイトリンクを追加しました。サイトのチェックもしてみて下さい。
また、個展の詳細は以下の通りです。一見の価値ありです!是非、足を運んでみて下さい!!

京都にあるFOIL GALLERYにて個展を開催いたします。
http://www.foiltokyo.com/gallery/exhibitions/ARU/aru.html

大井戸猩猩 展覧会「ある」
2014年9月19日(金) – 10月5日(日)
月 – 土 11:30 – 20:00 / 日 11:30 – 18:00
水曜休廊
入場料:300円(中学生以下無料)
オープニング・レセプション:9月19日(金)18:00 – 20:00

FOIL GALLERY
〒602-8453
京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519
マーブルビルディング3F
Tel : 075-451-6162 Fax : 075-451-6163

大井戸猩猩(OIDON)の絵について。
自然界に自然に在る模様を究極にデジタル化したものを手描きしている。
ミクロだけどでっかかった。両極が存在してて、カオスにまとまってた。
いや、カオスとまとまりが同じ位置にいた、まるで自分のよう、笑。
あはは、いやいや、でもね、OIDONは絵の息抜きの絵を気がついたら描いてる、
って言うてたが、わたしはいつも無意識ほど意識が出るものはないと思ってるよ。
ついやってしまうことを意識するのは、自分の根を見る作業だと思っているよ。
OIDONの根はもの凄い遠くまではってる。
奥が遠く深い。
その発掘作業だと思い、ほんとうに描き尽くして欲しいと思ったよ。
OIDONの絵はもちろんわたしの好み、笑。だけど、
いいとか悪いの価値表現でなく、有る、ことで在る、ことで成し得るもののような。
うん、絵かなんだかわからない。でも心底在るよね、その、描いたやつ。絵?え?あはは!
頼りになるのは、気合いより、無意識。
がんばらないようがんばってください。

YOSHIMIO(BOREDOMS/OOIOO)

designed by 有山達也・山本祐衣

○My first solo exhibition at FOIL GALLERY in Kyoto○

http://www.foiltokyo.com/gallery/eg/exhibitioneg.html

Syoujou Ooido “ARU”
2014.9.19 (Fri) - 10.5(Sun)
Mon - Sat 11:30 - 20:00 / Sun 11:30 - 18:00
Closed on Wednesdays
Admission : 300 yen
(Free for junior high school students or younger)
Opening Reception: September 19 from 18:00-20:00

FOIL GALLERY
1-519 4F Sasata-cho, Kamigyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 602-8453 JAPAN
TEL: +81-(0)75-451-6162

About Syoujou Ooido (OIDON)’s works.

OIDON’s hand-drawings that ultimately digitalize patterns seen in nature are so microscopic and big at the same time. They have harmony in chaos having both ends- you know, it kind of reminds me of myself being in chaos and harmony at the same level.
OIDON once told me he always starts drawings before he even knows what he’s doing, and I believe that’s the time your consciousness comes out. That’s the time you can see your roots when you recognize your unconsciousness.
OIDON’s roots grow so deep and far, and I want him to keep tracking the roots till the end.
His work is my kind of thing- not being good or bad though, it’s like being itself accomplishes its being. I don’t even know if they are even drawings- but they actually exist, right? Ha-ha.
What you can depend on is not your guts but your unconsciousness.
Keep up the good work unconsciously.

YOSHIMIO(BOREDOMS/OOIOO)

designed by Tatsuya Ariyama,Yui Yamamoto.

大井戸猩猩 展覧会「ある」

LIVE レポート LIVE レポート [SUMMER SONIC 2014 OSAKA](後編)

前編をまだチェックしていない方はこちらを先にご確認下さい。http://whev.com/201408191204.html

では、後編始めます。

前編の記事で書いたハプニングですが、当日同行していたメガネ氏がOSAKA DAGGERSのメンバーで1人だけ、なんとSUICIDAL TENDENCIESのステージに上がりました!!

イメージはこんな感じです。

SUICIDAL TENDENCIES x MEGANE
※当日の写真がない為、SUICIDAL TENDENCIESのライブ映像から切り出した写真にメガネ氏を
合成したものです。あくまでイメージの為、実際のものとは異なります。

本人もかなり酔っ払ており、ステージ上でどうなったか覚えていないようですが、THE BOTSの面々と控え室でいろいろ話をしていて、メガネ氏がSUICIDAL TENDENCIESを見たいからと言うと、THE BOTSのメンバーがシャトルバスを呼んでくれ、乗り込むとステージ裏に到着。
そして、ライブステージの階段を上り、気づけばステージ横にたどり着いていたようです。

元々メガネ氏は、SUICIDAL TENDENCIESのファンで、ステージ横から見れた事でかなりのハイテンション。一緒に見ていたTHE BOTSのメンバーもハイテンションでライブを楽しんでいました。そして、その様子を見たSUICIDAL TENDENCIESのローディーの人がお前らステージに上がれとサインを出してくれました。

本人も何が何か分からないまま、写真のような状態だったようです(笑)

そんなメガネ氏のシグネチャーTEEが、実は存在します。一部のマニアの手によって作成され、現在は世の中に5枚しか出ていません。その型を廃版にするようで、廃版前に受注で販売します。Tシャツだけではなく、メガネ氏が作ったOSAKA DAGGERSの出演の裏DVD『MEGANE NASTY(メガネ・ナスティー)』をセットで販売します。

『MEGANE NASTY』はHEROIN SKATEBOARDSがリリースした『VIDEO NASTY』の名前だけをパロったもので、内容は彼が数年間撮っていた映像を6分位の映像に纏めています。

尚、メガネ氏の正体は謎のため、メガネ氏に対する問い合わせはご遠慮下さい。

興味がある人は こちら からチェックして下さい。
DAGGERSマニアの方は情報拡散をお願いします。

通販サイトへ

EXPRESSION -RIDE PRIDE- OSAKA PREMIERE

今週、23日(土)はWHEVと同じ関西のメンバーを中心としたスケートチーム EXPRESSIONの最新映像作品『RIDE PRIDE』の大阪プレミアが難波Hippsの4F BEER HOUSE 86であります。

多くのスケーターが集まるパーティーになると思います。興味のある人は是非、足を運んでみて下さい。

Expression Outfitters presents
【RIDE PRIDE】
8/23(土) BEER HOUSE 86
入場料:1000円/1D 10歳以下無料
OPEN:19:30
START:21:00
CLOSE:25:00
【DJs】
SPIN MASTER A-1 Mr.FLESH KEN 2☆SHAN

EXPRESSION RIDE PRIDE

LIVE レポート [SUMMER SONIC 2014 OSAKA](前編)

実は、8月17日(日)にお店を閉めていたのは、スタッフ総出でSUMMER SONIC 2014に友達の
THE BOTS』が出演するという事で、応援に行っていました。

友達と言っても、今回の来日で初対面。CHOPPER氏のINSTAGRAMアカウントTHE BOTSアカウントから連絡が入り、大阪でLIVEするからおいでよと誘ってもらいました。
そのやり取りの中でFOS氏(HEROIN SKATEBOARDS BOSS)とも交友がある事が分かりました。

THE BOTSは、兄ミカイア(Guitar/Vocals/Keys/Bass)は21歳、弟アナイア(Drums/Vocals/Keys)は
17歳のLA出身の2人組みで、兄弟が15歳、12歳のときに結成され、ローリングストーン誌に取り上げられ
たり、最近ではニューヨークタイムスでもピックアップされています。


この映像のコメントを見てもらえれば分かるのですが、Yeah Yeah YeahsやSocial Distortion等なんか
とも一緒にツアーを回っていたり、2012年ロンドン五輪の閉会式でも演奏しています。

当日プレイしていた数曲もはっておきます。

そんな彼らのライブを最前列で見届け、それから出演者専用のBARで落ち合いました。
それからあーだ、こーだでハプニングもあり、弟アナイアがスケートをしたいとの事なので
三角公園へ移動。(ハプニングの内容は後編へ続く)

三角到着後、アナイアは直ぐにスケートを始め、三角公園の3段階段、温泉前で縁石、交番横の縁石
等をがっつりと攻め、OSAKA DAGGERSとのスケートゲームもがっつりと攻め、楽しんでいました。
何より、アナイアのタフさには全員驚かされっぱなしで、ライブ前日も深夜までスケートし、そして
SUMMER SONICでのステージ、その後のスケートボード、そしてこの日も深夜までスケート。かなりタフです。
三角公園でのアナイアの様子を当日終日一緒にいたメガネ氏が撮影しておりました。


映像は撮り損ねましたが、三角公園の湾曲したカーブでブラントスライドを2,3発でメイクしてました。

彼らは、ステージでは100%のパフォーマンスを披露し、オフには100%でスケートし、
そして周りにいる人々のテンションとパワーを引き出せる姿勢には脱帽です。
言葉や文化は違えど、スケートボード1つあれば、自身のスタイルを表現し、会話し、
仲良くなって、楽しい時間を共有するスケートボードの魅力の1つでもある異文化交流が
そこにはありました。

ANAIAH AND THE OSAKA DAGGERS
Thank you for the best time!!

東京での様子を当日ナビゲートしてくれたVHSMAGのアメリカンさんがレポートしてくれています。
そちらもどうぞ。http://www.vhsmag.com/random/the-bots/